宅配サービス 認知症

【わんまいる】の宅配食サービスは認知症の人にもおすすめです。

わんまいる宅配食

わんまいるの宅配食サービスはすべて調理済みの冷凍弁当です。弁当といっても食材が個別に包装されて届くので、その時に食べたいものを好きに食べることが出来るのが嬉しいサービスです。

 

そこで、なぜ、認知症の方には【わんまいる】のような宅配食サービスがおすすめなのか、その理由を介護職員目線で説明します。



認知症の方には【わんまいる】のような宅配食サービスがおすすめ

弁当ダメ

認知症がある人は(人にもよりますが)、トレーにセットされたお弁当タイプのものよりも、食材が小分けされたタイプの宅配サービスの方がいい場合があります。

 

認知症の人は症状が悪化するにつれて、食事の時の食べ方が変化してきます。私達介護職員は認知症の人の食べ方を観察することによって症状の進行具合を常にチェックしています。

 

食べ方の変化でよくあることの1つに、食事を混ぜてしまうという行動があります。

例えばこのような行動です。

  • 全部を汁物の中に入れてしまう。
  • ご飯以外のおかずをすべて混ぜ合わせてしまう。
  • ご飯の中におかずを埋め込む
  • 一つの器に全部を混ぜる
  • 手でつまんだり手のひらに乗せる

 

お弁当タイプやワンプレートでの食事の場合、ぐちゃぐちゃにするには最高に都合が良くなってしまいます。

 

このようなタイプの人に食べてもらう時に、私たちはこのように対応しています。

まずはお弁当(ワンプレート)で提供しません。

ご飯とお味噌汁を手前において、食べ始めたのを確認してからおかずを一品ずつさりげなく出していきます。

それでも混ぜるようなら、その人の前にはとりあえず一品だけおきます。食べることが出来たらまた他の器を置きます。

 

目の前にあるのが1つだけなら食べることが出来る人が結構いるんです。

 

そのため、認知症の方で、食べる時にすこしおかしな行動をするようになってきた場合は、食材が個別になっている宅配サービスのほうがおすすめです。

 

また、認知症の方は、目の前にたくさんのものが並ぶと食べることが出来なくなってしまう人もいます。症状が悪化するにつれ、そうなります。

 

 

介護職員のポイント

余談ですが、私達介護現場ではこのように対応しています。

基本的にはぐちゃぐちゃになってしまったらそれを食べてもらうわけにはいかないので、無事だったものをよせ集めたり、私たちの分を少し分けたりして、何とかまた綺麗なお膳に戻します。

なので、混ぜ合わせる前に介護職員が阻止する必要があります。(うまいこと私たちの目を盗んでいつの間にか混ぜているんです。)

 

大抵の場合、混ぜている人は楽しそうにしているので、わたしから見たらとってもほほえましい光景です。ちなみに目の前にいっぱい並ぶと食べることできない人の表情は不安そうにしています。

 

混ぜて楽しそうにしている人は遊んでいるのです。ほとんどの場合、食べものだと認識できていません。ごはんとお味噌汁だけを並べ、箸を持つと、ようやく食事だということに気づく人も多くいます。

 

そのため、食べ始めてからこっそりおかずを近づけたりもします。

 

表情が不安そうで、なかなか食べ始めない人や料理をつっつきまわしている人は、何をしていいか分からなくなっています。頭の中では不安がループしているだろうと思われます。

  • いっぱいあるけどどれからたべればいいんだろう
  • これは何だろう(つっつく)
  • あ、魚かな。じゃあこれは何だろう(つっつく)
  • なんかいっぱいあるけど何からどうやって食べるんだろう
  • あれ、今何してるんだろう(ぼーっとする)
  • ん?目の前にあるこれは何だろう。触ってみよう。

食事がなかなか進まない時に、どうしたのか話しかけるとこのような答えが返ってきます。

 

このタイプの人にも弁当タイプの食事はおすすめできません。

最初は食べ物だとは認識できてはいるのですが、どうしようか悩んでいるうちに何をしているのかわからなくなってしまうからです。特に認知症の症状でこのタイプの人は食欲低下低栄養にも陥りやすいので注意が必要です。

 

では、食材が個別に届くわんまいるの宅配サービスに話を戻します。

 

わんまいるの宅配サービス

わんまいる宅配食

わんまいるは、お弁当タイプではなく、食材が個包装された状態で届く宅配サービスです。

 

高齢者の一人ぐらしなどには弁当タイプが楽でいい場合がありますが、認知症の方の人はそれでは不都合なこともあるので、そのような人にはわんまいるのような宅配サービスが便利です。

 

認知症の人にも嬉しいサービスのポイント

個包装されている。

調理済みなので、盛り付けるだけ

好きな時に好きなだけ使える。

100種類以上の豊富な品数。

味と品質に優れている。

栄養士、医学博士推薦料理。

 

認知症を悪化させないためにもバランスの良い食事が大切です。

 

わんまいるの食材の調理方法

わんまいるの食材は冷凍されています。湯せん解凍、もしくは流水解凍で食べることが出来ます。

 

わんまいるの利用方法

わんまいるの定期便

 

わんまいるは定期便で、コースは2種類あります。

  1. 一週間に一回受け取るコース
  2. 二週間に一回受け取るコース

 

わんまいる宅配食

まずは【初回限定】のお試しセットがあるので、そちらを頼んでみてはいかがでしょうか?

旬の手作りおかず(健幸ディナー)【お試しセット】は主菜1品副菜2品5食セットでお届けです。

今ならちょっとお得【初回限定】お試しセット

 

 

わんまいるの定期便

→定期便の詳細はこちらで確認できます。

 

まとめ

今回は認知症の方には【わんまいる】のような食材が個包装されている宅配食サービスがおすすめだという話をまとめました。

 

もう一度繰り返しますが、弁当のようなトレーにセットされている状態ではぐちゃぐちゃに混ぜてしまうことがあるからです。また、食材が多くならぶと混乱して食べることが出来なくなる人もいます。

 

また、少食の高齢者の場合は、お弁当タイプですと、食べきれずに残してしまうことも多いので、食べたいときに食べたいものを選んで食べることが出来るわんまいるの宅配食サービスはとてもおすすめです。

 

月間4週間同じメニューは一切ないほどの、品数の多さにも驚きです。

 

旬の手作りおかずをお届けする「わんまいる」の通販サイトです

販売実績累計50万食!国産野菜100%の手作りおかずを中心に、ご自宅に居ながら全国のご当地グルメ・専門店の味を1品から楽しめる食のセレクトショップです。

 

-宅配サービス, 認知症
-,

Copyright© おいしいやわらか介護食 , 2021 All Rights Reserved.