コラム 腎臓病

ハトムギ茶の利尿作用でむくみスッキリ!血圧まで下がる嬉しい効果

ハトムギ茶でむくみ対策

ハトムギ茶にはイボを取る効果や美肌効果など、様々な効果がありますが、トイレが近くなるなどのデメリットもあります。

 

ですが、利尿作用があるということは逆にむくみの改善や血圧を下げるなどの嬉しい効果も期待できるというわけです。

 

今回はそんなハトムギの効果について金沢大学大学院医薬保健学総合研究科の講演「殻付ハトムギ熱抽出物の研究開発」を参考にまとめます。

 

ハトムギは顔がむくみやすい人や血圧が高い人、クレアチニン値が高い腎臓病の人にもおすすめの食材です。

 

ハトムギの効果

ハトムギ茶でむくみ対策

ハトムギはな様々な恵みをもたらす食材の一つです。その素晴らしい効果をいくつか紹介します。

 

利尿作用・抗浮腫

ハトムギに利尿作用があることについては古くから知られています。日常で手に入りやすい ハトムギ茶でも効果がみられています

 

ハトムギは急性・慢性腎炎、ネフローゼ症候群や腹膜透析患者の治療にも利用されています。

 

ネフローゼ症候群とは、尿にタンパクが大量にでてしまい、血液中のタンパクが減り、その結果、むくみが起こる疾患です。

 

ハトムギ茶でむくみ対策

また、腎臓病の方は顔や手足にむくみが出てきます。これは体液が血管外の細胞間質に蓄積することで起こります。このような腎臓病の方のむくみを軽減してくれる効果が期待できるのがハトムギやハトムギ茶です。

 

尿と一緒に塩分も排出できるので血圧も下がります。そのために弱いながらも降圧効果も期待できます。

 

ハトムギは腎臓の方以外にも取り入れて欲しい様々な効果が他にもあります。

 

楽天で人気NO.1のハトムギ茶「がぶ飲みはとむぎ茶 メガ盛り」

 

肌美容・シミや肝斑にも有効

ハトムギは中国では古代宮廷料理の代表的食材だったようです。そして、ハトムギが肌の美容に効果があることはそのような古い時代から知られています。

 

金沢大学大学院医薬保健学総合研究科では、殻付ハトムギの熱水抽出物(CRD)による 2 重盲検臨床試験を実施しました。

 

その結果、ハトムギにより顔面皮膚の色素や紅斑度が減少し、いわゆる透明感のある肌となることや肌荒れや肌の状態を改善することを報告しています。

さらに、シミのうち肝斑に有効であることも報告しています。

 

殻付ハトムギの熱水抽出物による臨床試験の結果
  • 顔面皮膚の色素や紅斑度が減少
  • 透明感のある肌になる
  • 肌荒れなどの肌の状態を改善
  • 肝斑等の根深いシミの改善

 

ニキビ

「養生訓」で有名な江戸時代の医師貝原益軒が編集した『大和広草』にこのような事が書かれています。

 

「ひどいニキビにはハトムギを煎じて飲むと効果がある」

この研究チームの自験例でも殻付ハトムギの熱水抽出物によりニキビが改善した例があるようです(未発表)。

作用機序としては、ハトムギの抗菌作用が関与しているのかもしれないとのこと。

 

このような肌への作用以外に、ハトムギにはまだまだ嬉しい効果があるようです。

 

抗肥満

ハトムギはメタボリック症候群の改善にも期待がもたれています。

ハトムギは脂肪細胞の分化を抑制し、抗肥満効果をもたらすかもしれないという基礎的データがあるようです。

ハトムギは、米と異なり煮崩れすることがないため、ハトムギを十分噛むことになります。たくさん咀嚼することで、少量でも満腹感を得られるという理由が食べすぎ防止になっているかもしれません。

 

今後の研究に期待ですね!

 

綺麗な高齢女性の画像

私の施設にいる97歳の方の話ですが、その方は昔からコメにハトムギを入れて食べていたそうです。そのため、施設に入ってからもハトムギを混ぜて欲しいと要望を頂きました。

その方は97歳という年齢ですべて自分の歯がそろっており、しっかりと咀嚼や嚥下(飲み込み)が出来る素晴らしい方です。

よく食べるので体は大きいですが、肌はツルツルで年齢を感じさせないとてもお元気なおばあちゃんです。

 

 

抗糖尿

ハトムギが糖尿病に有効であるとするいくつかの報告がみられます。ですが臨床試験の報告は今のところないようです。

 

抗高脂血症

ハトムギが高脂血症に効果的とする報告がいくつかあります。ですが、今のところいずれも動物試験によるもの。

 

骨粗鬆症

最近、ハトムギはマウスの実験において骨粗症に有効であるとする報告がありました。

そのメカニズムとしては、骨組織において骨形成を行う細胞「骨芽細」の増殖促進作用にあると考えられているようです。

 

肩こり

ハトムギの有効成分の一つであるコイキソール。

これは、腰背部痛、 顎肩腕症候群、肩関節周囲炎、変形性脊椎症などに用いられているクロルゾキサゾンと同じ中枢性の筋弛緩作用を有しているとする報告があります。

 

冷え性

ハトムギは中医学的には体を冷やすとされ、 熱がこもりやすい湿熱質の人には適しています。ですが、 冷え性のひどい人には用いにくいとされていました。

しかし、研究チームが実施した臨床試験によれば、殻付ハトムギ熱水抽出エキスは冷え性を有意に改善することがわかった。

これはハトムギ外皮に血流を改善する成分があるからかもしれないと言われています。

 

抗腫瘍・がん化学予防

中国ではハトムギ子実の有機溶媒抽出物が抗がん剤として認可され、数十万人に使用されています。

一方、 この研究チームでは、ハトムギ外皮の有用性、とくに扇平上皮領域の早期がんの治療に有用であることに着目し、特許を取得しました。

これら殻付ハトムギの熱水抽出物の抗腫傷効果は、細胞の分化誘導作用によるものであり、皮膚の再生サイクルを促すレチノイン酸と似た機序も有していると推察される。

レチノイン酸と大きく異なる点は、副作用がほとんどないということです。

 

美肌効果やシミ改善の効果はこの皮膚の再生サイクルを促すレチノイン酸と似た機序が関係しているのでしょうか…?

 

抗炎症

最近、この研究チームは殻付ハトムギの熱水抽出物の抗炎症作用について報告しています。

 

抗アレルギー・抗酸化

ハトムギの抗アレルギー・抗酸化作用については多くの研究報告がみられています。

 

抗紫外線

ハトムギは、抗紫外線効果を発揮するとの報告があります。

金沢大学大学院医薬保健学総合研究科のチームでも抗紫外線効果皮膚がん予防の可能性を報告しました。

 

このようにハトムギには様々な効果が期待できる優れた食べ物であることが分かります。

ハトムギの有用物質は50種類以上あるり、多様な作用は、これら有効物質の相乗効果によってもたらされているものかもしれれません。

そして、アレルギーの発生も少ないと言われています。

 

 

ハトムギの安全性

ハトムギは食品として極めて安全性が高いと考えられています。

食物アレルギーが発生したとする報告はほとんどなく、ハトムギ薬による部分発疹が1件報告されているだけです。

アレルギー例が少ないのは、ハトムギの抗アレルギー作用が関係している可能性がありす。

 

まとめ

今回は金沢大学大学院医薬保健学総合研究科の公演「殻付ハトムギ熱抽出物の研究開発」より、ハトムギの効果についてまとめました。

 

ハトムギは健康長寿を目指す人へ、様々な恵みをもたらす食材の一つだということがよくわかります。

綺麗な高齢女性の画像

ハトムギと長寿遺伝子に関する科学的データはいまだ教告されていないが、中国数千年の臨床医学的ビッグデータに基づけば、ハトムギが健康長寿に有用であることが明らかになる日も近いと思われる。(出典:鈴木信孝「殻付ハトムギ熱抽出物の研究開発」より)

 

楽天で人気NO.1のハトムギ茶「がぶ飲みはとむぎ茶 メガ盛り」

 

 

むくみ解消ダイエット
利尿剤で解消できる!腎臓病の方のむくみスッキリ対策

腎臓病の方は顔や手足にむくみが出てきます。これは体液が血管外の細胞間質に蓄積することで起こります。   こうしたむくみは、押してへこんでもすぐには元に戻らないのが特徴です。顔のむくみは朝に出 ...

続きを見る

 

-コラム, 腎臓病
-, , ,

Copyright© おいしいやわらか介護食 , 2021 All Rights Reserved.