やわらかお取り寄せ食品 宅配サービス

1番人気の宅配介護食【やわらかダイニング】介護士おすすめ

 

やわらかダイニング 評判 メニュー

今、宅配介護食で1番人気なのが、「やわらかダイニング」の介護食。

 

「やわらかダイニング」は、やわらかいお弁当を冷凍で全国に届けてくれるサービスです。

食べる人のレベルに合わせて3段階の柔らかさから選ぶことが出来ます。

温めるだけなので、介護する側の負担を大幅に減らすことが出来ます。

 

今回は介護士の私が、このやわらかダイニングをおすすめする理由を、介護士の目線からお伝えします。

 

「やわらかダイニング」宅配食をおすすめする理由

理由1

やわらかダイニングの宅配食は3種類のやわらかさを選ぶことが出来るからです。

 

選べる3種類

  1. ちょっとやわらか(厚焼き卵ほどのやわらかさ )
  2. かなりやわらか(だし巻き卵ほどのやわらかさ)
  3. ムースやわらか(スクランブルエッグほどのやわらかさ)

胃がんなどの手術をした人は、術後はムース状の柔らかいものから、時間をかけて徐々に固いものにしていく必要があります。

そのため、同じ宅配サービス内でやわらかさを調節できるのは大変便利です。

→3コースの比較ページ

 

理由2

栄養バランスを考えられたメニューが肺炎と褥瘡を予防するからです。

 

 

高齢者の栄養バランスが崩れるとこんなリスクがあります。

 

肺炎にかかりやすくなります。

栄養のバランスが崩れたり、低栄養になると肺炎にかかりやすくなります。

特に嚥下(飲み込み)に問題がある人は、食べ物が気管に入っていきやすく、誤嚥性肺炎のリスクが高くなります。

 

褥瘡(床ずれ)になりやすくなります。

栄養のバランスが崩れたり、低栄養になると褥瘡ができやすくなります。

寝ている時間が多い人、座りっぱなしの人は特に注意が必要です。

 

栄養バランスの大切さは、一見何の関係もないようなこのような事にも深く関わっています。

 

 

※注意!胃を切った人の食事のポイント

やわらかダイニングの宅配食は、管理栄養士・栄養士が栄養バランスを考慮しながら献立づくりをしています。

また、彩りや味にもこだわっているので、食欲不振の人にもおすすめです。

 

 

「やわらかダイニング」こんな人に特におすすめ

食べる側

  • 十二指腸の閉塞などで固形物の食事が難しい人。
  • 胃がんで胃の摘出手術をした人。
  • 咀嚼や嚥下(飲み込み)に問題がある人。
  • 自分で料理が出来ない人。
  • 認知症などで、義歯を入れることが出来ない人。
  • 術後などで、栄養のバランスを考えて食べる必要がある人。
  • ミキサー食になってから食欲不振になってしまった人。

 

介護する側

  • 仕事などで忙しく、嚥下食を作るのが困難な人。
  • 急に親にやわらかい食事が必要になった人。
  • 離れて暮らす高齢の親の食事が心配な人。

 

やわらかダイニングの宅配食申し込み方法



やわらかダイニングの宅配食はこちらからお申込み出来ます。

やわらかダイニング

 

 

まとめ

※注意!胃を切った人の食事のポイント

いかがでしたか?今回は今人気の宅配介護食、「やわらかダイニング」を介護士目線で評価してみました。

レンジで温めるだけでやわらかい食事が完成するので、介護する側の負担も大幅に減らすことが出来るのも嬉しいですね。

 



-やわらかお取り寄せ食品, 宅配サービス
-,

Copyright© おいしいやわらか介護食 , 2021 All Rights Reserved.