胃がん・胃を切った

ピロリ菌以外にもある!胃がんの原因と危険因子

シンプルな胃のイラスト おいしいやわらか介護食

胃は柔らかい筋肉で出来た袋状の臓器です。

入口を噴門、出口を幽門と言い、食べ物の出入りを調節しています。そんな胃にピロリ菌が感染することにより、胃の粘膜に慢性の炎症が生じ、胃がんのリスクが高くなります。

 

ピロリ菌以外にも胃がんの危険因子があります。そこで、胃の役割と胃がんの特徴、そして胃がんの危険因子についてまとめます。

 

がん研有明病院 がん治療認定医の比企 直樹氏の書籍を参考にしました。

 

胃の役割:そもそも胃の働きってどんなもの?

①食べ物をためておく

②蠕動運動で食べ物を撹拌して粥上にし、十二指腸に少しずつ送る

③たんぱく質や脂肪の一部を分解する

④小腸でのビタミンB12の吸収を助ける物質を分泌する

⑤消化管ホルモンを分泌し、胃酸と消化酵素の分泌を促す

⑥胃酸を分泌し、食べ物と一緒に入ってきた細菌などの殺菌を行う

 

胃がんの特徴

がん発生のメカニズム

正常な細胞

細胞のがん化

遺伝子の異常

秩序正しく増殖したり、死滅したりしている状態

がん抑制遺伝子や免疫細胞の働きで、細胞のがん化を止める

10~20年後に「がん」としんだんされる

 

胃がんが発生して進行がんになるまで

シンプルな胃のイラスト おいしいやわらか介護食

●健康な胃

ピロリ菌に感染したり塩分の多い食事などをしていると…

胃炎 シンプルな胃のイラスト おいしいやわらか介護食

●慢性萎縮性胃炎

●腸上皮化生

がん初期 シンプルな胃のイラスト おいしいやわらか介護食

●早期がん

がんが粘膜内または粘膜下までにとどまっている状態

がんの進行 シンプルな胃のイラスト おいしいやわらか介護食

●進行胃がん

がんが筋層を超えて浸潤している状態

 

 

がん細胞は10~20年ほどかかって成長します。

 

胃がんの原因:危険因子

 

かわいいピロリ菌の画像

がんの大きな要因はヘリコバクターピロリ菌(ピロリ菌)。胃にピロリ菌が感染することにより、胃の粘膜に慢性の炎症が生じます。

 

 

タバコの画像

さらに喫煙によって胃がんリスクが11倍にまで跳ね上がると言われています。

 

 

ピロリ菌や喫煙以外にも要因はあります。

 

危険因子

  • 野菜や果物不足
  • 高血糖や糖尿病
  • ストレス
  • 添加物の多い食事
  • 塩分の多い食事
  • インスタント食品のとりすぎ
  • カップ麺
  • 強いお酒
  • 肥満

これらのものが胃がんの危険因子ということがわかっています。(比企 直樹医師:がん研有明病院 がん治療認定医)

 

まとめ

がんの原因 ピロリ菌以外

胃の役割と胃がんの特徴とメカニズム、そして胃がんの危険因子についてまとめました。もう一度簡単にまとめます。

 

胃は、食べ物の出入りを調節しています。

そんな胃にピロリ菌が感染することにより、胃の粘膜に慢性の炎症が生じます。

炎症から早期胃がんになり進行胃がんへと進みます。

ピロリ菌以外の原因もあります。そのほとんどが生活習慣によるものです。

 

 

参考書籍

毎日おいしく食べる! 胃を切った人のための食事

著者:比企 直樹 (がん研有明病院 がん治療認定医)

 

 

-胃がん・胃を切った
-

Copyright© おいしいやわらか介護食 , 2021 All Rights Reserved.