コラム 胃がん・胃を切った 食欲不振

胃がんの手術後は味覚障害の後遺症に注意!【原因と対処法】

食欲がない女性のイラスト画像

胃がんで胃の切除手術をした後遺症として、味覚の変化(味覚障害)が見られることがあります。それにより、嗜好が変わったり、味が分からなくなったりして食欲が減退する人がいます。

そこで、味覚障害のよくある症状と原因、また対処法についてまとめました。

 

術後は食欲を刺激して、体重減少を防ぐことが大切です。

胃切除後に味覚の変化が起こる症状について

胃を切除した後に、嗜好や味覚が変わったり、味を感じにくくなったりする後遺症があります。

「味覚消失」胃を切除したあと、何を食べても味がしない

「味覚減退」味が薄く感じる

「味覚異常」口の中に苦みや渋みを感じる

 

これらの症状により、さらに食欲が減退し、食べるのがおっくうになります。

 

体重も減少し、体力も落ちる原因になるので、注意が必要です。

 

味覚の変化(味覚障害)の原因

味覚の変化の原因は、胃の切除による貧血や亜鉛不足が原因です。

 

ビタミンB12や亜鉛不足で味覚障害が起こる

舌のイラスト画像

味を判断する器官として、舌の表面にある「味蕾」が大きく関わっています。味蕾の再生に欠かせない栄養成分が「亜鉛」です。

(※味蕾…食べ物の味を感じる小さな器官)

 

この亜鉛不足が味覚障害の一番の原因と考えられています。

 

また、胃を切除するとビタミンB12や鉄分の吸収が悪くなり、貧血になります。これも味覚障害の原因と言われています。

 

対処法

濃い味つけや甘いものなど、味がはっきりしたおかずや、亜鉛を多く含む食品を取り入れるようにしましょう。

また、貧血を防ぐためにもビタミンB12の多い食材も意識して取り入れましょう。

 

食事から取り入れるのが難しいときは、サプリメントなどで補いましょう。

 

味覚の変化に効果的な食材

納豆のイラスト画像

  • かきやほたて、うなぎ、かになどの魚介類
  • 牛肉や豚肉などの赤身、レバーなどの肉類
  • 納豆や大豆類
  • アーモンドやごま

 

おすすめの栄養補助食品

こちらの商品はとっても人気の栄養補助食品。たんぱく質や亜鉛が効率的に摂取出来ます。食感もぷるんとしていて、のどごしもよく、食べやすいと好評です。

1本あたり350kcal(たんぱく質12.0g、食物繊維4.2g、亜鉛6.0mg、鉄1.2mg、13種類のビタミン配合)

→ブリックゼリー

 

まとめ

胃を切除した後の後遺症で味覚障害があります。

味覚障害の原因はビタミンB12亜鉛不足

対処法は、はっきりした味付けで食欲減退を防ぎ、亜鉛などの多い食材で亜鉛不足を補う。

 

少し刺激のある味を取り入れて食欲を刺激し、体重減少を防ぎましょう。

 

亜鉛サプリ牡蠣

「海乳EX」

国内産 牡蠣サプリ「海乳EX」

  • 亜鉛豊富
  • 楽天ランキング1位

【→詳細はこちら】

参考文献

亜鉛欠乏症の診療指針 2016(一般社団法人 日本臨床栄養学会)

メモ

亜鉛の欠乏により味覚異常、皮膚炎、脱毛、貧血、口内炎、男性性機能異常、易感染性、骨粗しょう症などが発症する。

-コラム, 胃がん・胃を切った, 食欲不振

Copyright© おいしいやわらか介護食 , 2021 All Rights Reserved.