コラム 誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎を防ぐには…4つの大事なポイントがある!

 

誤嚥性肺炎のイメージ画像

高齢者に多く発症する誤嚥性肺炎は、細菌が胃液や唾液とともに肺に流れ込んで起こる肺炎です。肺炎球菌で発症する肺炎とはちがって、日常生活の送り方しだいで予防できる病気です。

 

そこで、誤嚥性肺炎を防ぐための4つの基本となるポイントをまとめました。

 

誤嚥性肺炎を防ぐ4つのポイント

ポイント1:よく噛む

むせる高齢者のイメージ画像

あわてて食べて、むせてしまったことありますよね。

それはよく噛まずに飲み込もうとしたため、飲み込む準備がまだできておらず、喉が受けつけずに異物を外に吐き出そうとしたためです。

 

食べ物をよく噛んで細かくし、唾液でなめらかにして喉の通りをよくすることで、スムーズに飲み込むことが出来ます。

 

よく噛むことで満腹感が得られ、食べすぎを防ぎ、消化を助けます。 さらに集中力を高める働きや認知症を予防する働きもあるといわれます。

 

昔から、よく噛むことは健康の秘訣といわれている理由は、 ここにあります。

 

→むせることが頻繁なら嚥下障害かも…?

 

 

ポイント2:ていねいな口腔ケア

歯周病のイラスト画像

ロの中は雑菌でいっぱいです。

口の中には雑菌が常に存在しており、それらは食物残渣(食べ物などのかす)などを栄養にして増殖します。その雑菌に含まれた病原菌は誤嚥性肺炎を起こす大きな原因です。

 

また、口の中の汚れは虫歯や歯周病の原因となり、噛むことや味覚に影響します。

 

それだけでなく、腔内の雑菌が血液によって心臓に運ばれ、感染性心内膜炎を引き起こすことも珍しくありません。心房内にできた細菌の塊が脳に飛んで脳梗塞になることもあります。

 

口腔ケアは、誤嚥性肺炎の予防だけでなく、全身管理を行ううえでの要でもあるのです。

 

口腔ケアの効果がすごい

口腔ケアをする高齢者

虫歯や歯周病を予防する

認知機能の低下を予防する

口臭を取り除き、不快感をなくす。(対人関係にも影響)

誤嚥性肺炎を予防する

全身的な感染症を予防する

気分を爽快にし、食欲を増進させる

口唇、舌、顎、咽頭(いんとう)の刺激やマッサージによって、摂食・嚥下訓練の一助となる

発音に関与する口唇、舌、軟口蓋のリハビリテーョンとなる

唾液の分泌を促進して自浄作用を促し、口腔の乾燥を防ぐ

味覚を保つ

敏感な口腔を刺激することで、全身の緊張をほぐすことができる

日常生活にメリハリをつけることができる

 

効果的な口腔ケアを行えば、それだけで誤嚥のリスクが減ります。

 

ポイント3:水分をよくとる

 

高齢者の水分補給

運動のあとなどに、とっても喉が渇いて、喉から音が出るぐらい水をがぶがぶと飲んでしまうことがありますよね。

これは身体が水分を求めていたからで、そのとき、口の中はカラカラに渇いていたはずです。

 

身体の中の水分が足りなくなり、その補給が十分でないと、脱水症状があらわれます。脱水は身体全体の機能を低下させます。そして、嚥下にとって、きわめて重大な問題を引き起こします。

 

ロや喉の働きが低下するとともに、十分な唾液の分泌ができず、誤嚥しやすくなります。

 

 

脱水症状の高齢者

特に高齢者の場合は、自分でも気づかないうちに脱水状態になるのが特徴です。

 

私達介護職員は、高齢者の様子がいつもと違うようなら、真っ先に脱水を疑います。

 

脱水を見分ける方法として、分かりやすいのが、口の中の観察です。脱水状態の人は、舌にうるおいがなく、乾燥しています。

 

ポイント4:正しい呼吸をする(深呼吸・鼻呼吸)

食事介助♪おいしいやわらか介護食

呼吸は嚥下と密接に関係しています。

嚥下も呼吸も喉を通して行われます。呼吸機能がきちんと働いていないと正常な嚥下はできません。深呼吸をして、呼吸を整えてから心身をリラックスさせ、ゆっくり落ち着いて食事をしましょう。

 

そのためにも、日頃から「口を閉じて鼻で呼吸する」習慣をつけるようにしましょう。鼻で呼吸することは口腔内の乾燥を防ぐだけでなく、舌や咽頭の働きを強化してくれるので、誤嚥を防止するためにとても大切なことです。

 

のどの粘膜が乾燥すると、細菌やウイルスが付着しやすくなり、風邪、インフルエンザ、炎症などを招く原因になります。

 

 

まとめ

介護職員のポイント

誤嚥性肺炎を防ぐための基本となる4つのポイントをまとめました。

 

  • 食事は、正しい姿勢で、ゆっくり、よく噛んで、食べましょう。
  • 食後はしっかりと口腔ケアをしましょう。
  • こまめな水分補給で、脱水を予防しましょう。
  • 日頃から正しい鼻呼吸を意識しましょう。

 

誤嚥性肺炎は、日常生活の送り方しだいで予防できる病気です。

 

食事の時の姿勢が悪いとむせる原因になります。

▼こちらの記事も参考にして下さい。

介護 正しくない食事の姿勢 誤嚥防止
姿勢が悪いとむせる原因になるよ!高齢者の誤嚥防止の姿勢

  高齢者だから、病気だからといって安楽な姿勢で食事をしていませんか?姿勢が悪いとむせる原因になります。間違っても上向きで食事をしないで下さい。 介護職員が誤嚥防止のために上向きの姿勢で食事 ...

続きを見る

 

 

-コラム, 誤嚥性肺炎
-,

Copyright© おいしいやわらか介護食 , 2021 All Rights Reserved.